男性衣裳 > デザイン

ブートニエール

ブートニエール(boutonniere)とは、男性フォーマルの上着の襟(ラベル)に付いている襟穴、またはその穴に挿す花のこと。フラワーホールともよぶ。一般的なジャケットの衿にも穴の開いていない襟穴が形骸的に付けられていることが多い。ブートニエールは元々はフランス語で「ボタン穴」の意味だが、英語でも「ボタンホールに差す飾り花」を意味する。

ブートニエールは、16世紀頃、第一ボタンホールに花を挿すファッションが流行し、その花をブートニエールと呼んだことが由来とされる。ここからブートニアコサージュが派生した。

通常、ブートニエールにはカーネーションやバラが用いられる。これはテイルコート燕尾服)は別名、ホワイトタイと呼ばれるように、白い蝶ネクタイを着用するため、それに合わせて白のカーネーションをコーディネートしたのが由来とされる。結婚式の新郎衣装でのブートニエールは、新婦のブーケに使われる花材と合わせてブートニアを挿すのが一般的。

ブートニエールをショッピング検索

ブートニエールをサイト内検索

ブートニエールを外部検索