ジュエリー > カット

ブリリアントカット

切子のようにカットされたひとつひとつの面をファセットと呼び、宝石を上から見たときに中央から外側に向かって放射線に広がるようにファセットが配置されているものをブリリアントカット(brilliant cut)と呼ぶ。ブリリアントは「輝く」という意味があるが、宝石の輝きを引き出すためのカットであることからブリリアントカットと名付けられた。

一方、上から見たアウトラインをシェイプと呼び、その形状によって様々な分類、ネーミングがある。一般的な婚約指輪によく見られる形状は丸形の、ラウンド・ブリリアントカット

ブリリアントカットをショッピング検索

ブリリアントカットをサイト内検索

ブリリアントカットを外部検索