男性衣裳 > デザイン

フェーシングカラー

フェーシングカラー(facing collar)とは、タキシードテイルコート燕尾服)の襟で、朱子織の光沢のある布地を張ったもの。本来はシルクだが、光沢感があるサテンタフタが用いられることもある。フェースドラペル、シルクフェースドカラー、シルクフェーシングなどともいう。日本語では拝絹(はいけん)襟という。夜の正礼装タキシードテイルコートのみに用いられる。拝見の由来は、電気のない時代に、ほのかな明かりでも光を反射して、顔を見えることができるように付けられたとの説がある。

ちなみに、襟のアウトラインに絹のテープや飾り紐で縁取りを施したものは、バイビングカラーと呼ばる。

フェーシングカラーをショッピング検索

フェーシングカラーをサイト内検索

フェーシングカラーを外部検索