男性衣裳 > デザイン

ピークドラペル

ピークド(peaked)は、先のとがった、尖頂のあるという意味。ラペル(lapel)は、ジャケットの下襟(したえり)、襟の折り返し、折り襟の意味。 ピークドラペル(peaked lapel)は、ゴージ(gorge:上襟と下襟の接点にある切り込み)が逆三角で、下襟の先端が上に向かっているもの、先の尖っているもの。ダブルスーツは基本的にピークドラペル、またドレッシーなスーツのにもピークドラペルが多用されている。

日本語では「剣襟」と呼ばれる。また、礼服にダブルスーツが多いことから、礼服のことを「剣もの」と呼ぶこともある。通常襟穴(ラペルに付くかがり穴)は左側に一つあるのが普通だが、ピークドラペルの場合、襟穴が左右のピークに付くことが多い。ピークドラペルのスーツは体を細身に見せてくれる効果がある。

ピークドラペルをショッピング検索

ピークドラペルをサイト内検索

ピークドラペルを外部検索