ビューティ > ヘアメイク

ヘアメイク

ヘアセッティングとメイクのこと。日本語で美粧、美容と呼ぶ場合もある。顔のメイクだけでなく、肩や背中などの露出する所や、二の腕のできものなどの気になる部分も目立たないようにファンデーションを塗ってくれる。化粧のりを良くするために結婚式の1週間程度前に産毛そりを行うとよい。ヘアメイクを元に戻してもらうことを引き上げという。

mone>>

美粧

美粧(びしょう)とは、美容、ヘアメイクのこと。顔のメイクだけでなく、二の腕や背中などの気になるところにもファンデーションを塗ってくれる。ブライダル業界では美容という言葉を使うよりも、美粧ということが多い。美容室のことを「美粧室」、美容料のことを「美粧料」という。

mone>>

ヘアメイクリハーサル

結婚式の前にヘアメイクを試してみること。美容師に相談しながら、自分の思い描くイメージと実際に似合うヘアメイクを調整・確認していく。また、肌の弱い方は、化粧品が合うかどうかのチェックをすることもできる。ヘアメイクのイメージを事前に知ることができるので、当日あわてたり失敗するリスクが少なくなる。ヘアメイクリハーサルは別料金な場合が一般的。

mone>>

出張メイク

式場専属のヘアメイクを利用せず、外部スタッフを独自に手配し、出張形式で挙式披露宴当日のヘアメイクを行うこと。ホテルや専門式場の場合、施設内の美容院は使えないことが多いので、別に客室を取るなど場所を確保する必要がある。

mone>>

引き上げ

花嫁が結婚式終了後、ドレスや着物の衣装を脱いで、メイクを落とし、髪を直して元通りの状態に戻してもらうことを「引き上げ」という。逆に花嫁の身支度を準備をすることを支度という。和装の引き上げはドレスに比べると、着物を脱がせるのもカツラを片付けるのにも専門的な知識と手間がかかるので、プロに頼む必要があるが、ウエディングドレスの場合、自分で引き上げても構わない。これにかかる費用を引き上げ料という。

mone>>

ウィッグ

ウィッグ(wig)とは、日本語でかつらの事。 かつらの英語訳なので広義ではかつらと同義だが、 薄毛を隠す等の実用的に使用されるかつらと異なり、一般的にファッション的要素を重視したかつらを意味する。

mone>>

シニョン

シニョン(chignon)とは、後ろ髪を丸い形になるようにまとめたヘアアレンジ。シニヨンは、フランス語で「束髪」や「まげ」の意味し、その形から「お団子(頭)」と呼ばれる事もある。一度、根元でポニーテールのようにゴムで束ね、その束をねじりながらゴムの回りに団子状に巻き込み丸めていき、ピンで留めて仕上げる。アップスタイルの代表的なアレンジで、エレガントで清楚なイメージのまとめ髪。しっかりと固定する時には、シニョンにかぶせるシニョンキャップを使う場合もある。できたシニヨンに装飾品や生花をつけることもある。

mone>>

縦ロール

サイドヘアやバックヘアを縦長のロール状に巻くアレンジスタイル。ヘアアイロンなどを使いカールされたヘアが上品でエレガントな印象になる。縦ロール用のウィッグもある。

mone>>

ポンパドール

ポンパドール(pompadour)とは、女性の髪形のひとつで、前髪を大きく膨らませて高い位置でまとめ、ピンやバレッタなどで留めたヘアスタイルのこと。女性版のリーゼントのような形。襟足もあげて、後頭部でまとめるのが正式なスタイルとされる。フランス国王ルイ15世の愛妾、ポンパドール夫人の髪型が名前の由来。

mone>>

夜会巻き

夜会巻きはまとめ髪の一種。後ろ髪を一つにまとめねじり、巻き込みながらアップにしてコームやピンなどで頭上で留め、タイトに面を出したヘアスタイル。女性の美しさを引き出し、上品、知的、清楚なイメージを与え、年齢を問わず似合う。フォーマルにもカジュアルにもオールマイティに使える。セミロングからロングの代表的なまとめ髪で、太さや固さなどの髪質にかかわらず作れるヘアスタイル。

mone>>

[ 戻る ]

ビューティ/ヘアメイクをショッピング検索

ビューティ/ヘアメイクをサイト内検索

ビューティ/ヘアメイクを外部検索