ウエディングドレス > シルエット

ビスチェドレス

ビスチェとは、ストラップ(肩紐)のない、丈がウエストまであるロングライン形のブラジャーのこと。ビスチェは、フランス語で"Bustier"と書き、ストラップ(肩紐)のない丈の短い下着を意味する。元々はインナーであったものがアウター化したもの。インナーの中でも、装飾的でセクシーなブラジャーである。ワイヤーを使用し胸の形を整えて、上半身のシルエットを強調する、体にフィットしたデザインのものが多い。現在ではストラップのないキャミソールもビスチェと呼ぶようになっている。

肩紐がなく、首から指先まで素肌を露出するビスチェは、アームラインを長く細く見せる効果がある。また、デコルテ(首から胸元にかけての空き)が広いため、バストを強調し、アクセサリーが映えて見える。ビスチェドレスはビスチェとスカートを組み合わせたドレスの総称。本来は肌を見せない方が良いとされるウエディングドレスだが、最近はビスチェドレスも人気がある。ビスチェに上着がセットになっていて、2WAYドレスとして着こなせるものもある。

ビスチェドレスをショッピング検索

ビスチェドレスをサイト内検索

ビスチェドレスを外部検索