ウエディングドレス > スリーブライン

パフスリーブ

パフ(pouf)は、衣服の膨れた部分を意味し、パフスリーブ(puff sleeve)とは膨らんだ袖という意味。肩から肘の上にかけての二の腕の部分が大きく膨らんだデザインで、袖付け、袖口などにギャザーシャーリングを施して中間を膨らませた袖のこと。膨らんだ袖が女性らしく可愛らしい印象を与えるため、女性用ブラウスやワンピースに良く用いられている。バブルスリーブともいう。日本では「ちょうちん袖」と呼ばれている。二の腕が気になる人にお勧めのデザイン。

パフスリーブと言えば、通常、半袖のものを指す場合が多く、長袖のパフスリーブの場合は、ビショップスリーブ、メロンスリーブなどと呼ばれる。パフスリーブはルネッサンス時代に既に存在していた。17世紀のバロック時代には装飾的にいくつも重ねたパフスリーブも流行したが、19世紀には原型のパフスリーブに戻り、現在に至る。

パフスリーブをショッピング検索

パフスリーブをサイト内検索

パフスリーブを外部検索