挙式 > 教会式

バージンロード

バージンロード(virgin road)とは、教会の入り口から祭壇に向かう中央の通路に敷かれた布、もしくはその通路のこと。花嫁の汚れない純潔さ象徴し、神の前で二人が導かれて結ばれることを意味する。キリスト教挙式の際に、花嫁が父親と左腕を組んで入場する。花嫁が祭壇の近くまで来たら、新郎が歩み寄り、父親は腕を解き、新婦を新郎に託す。挙式後は新郎新婦が腕を組んで、バージンロードを歩いて退場する。

本来、新婦と共に入場するのは父親の役割だが、母親や兄弟など新婦に親しい人とでも構わない。リングボーイフラワーガールなどの子供たちの他、列席者はバージンロードを踏んではならない。

カトリックでは主に赤い絨毯、プロテスタントでは白い布のバージンロードを用いる。また、布を敷いておらず大理石の床になっているところもある。本来は白い布のものをバージンロードと呼び、赤いものや大理石のものはバージンロードとは呼ばない。ちなみにバージンロードは和製英語で、英語ではウエディングロード、またはアイル(aisle)という。

バージンロードをショッピング検索

バージンロードをサイト内検索

バージンロードを外部検索