ウエディングドレス > スカートデザイン

バッスルスタイル

バッスル(bustle)とは、スカートの後ろを膨らませてヒップラインを誇張する為に使われた腰当てで、ワイヤーなどの芯に布を張り、ウェスト部分に紐やベルトで固定したもの。バッスルスタイルとは、ヒップや腰上部にバッスルを入れて膨らませたドレススタイルのこと。現在では、スカートを束ねて膨らませたり、布地を背中でギャザーにしてリボンなどの形にまとめウェストに付けるスタイルも含まれる。バッスルとは英語で活気や賑わいの意味がある。

ヒップを大きく膨らませることでウエストを細く見せる効果があり、腰の丸みを誇張しながら裾へ曲線美を描くシルエットは女性らしさを強調することができる。また、長いトレーンをたくしあげて、動きやすさを出すのにも使われる。

バッスルはフランス語ではキュ・ド・パリ、もしくはトゥルニュール。バッスルスタイルは、17~19世紀末にくり返し見られたが、特に1870~1890年に流行した。日本でも「鹿鳴館(ろくめいかん)スタイル」として知られている。最近クラシックドレスの人気復活にともない、バッスルスタイルのドレスも注目を集めるようになっている。

バッスルスタイルをショッピング検索

バッスルスタイルをサイト内検索

バッスルスタイルを外部検索