その他用語 > 用語

ハネムーン

ハネムーンは結婚式を終えた新郎新婦が出かける新婚旅行のこと。ハネムーン(honeymoon)は、蜂蜜(Honey)と月(Moon)の合成語で、ハニームーンと発音するのが正しい、日本語では「蜜月」と訳される。元々は結婚後の1ヶ月間を意味していた。その期間に新婚旅行に行くものから、18世紀頃には新婚旅行を意味して使われるようなったとされる。ちなみに、日本初の新婚旅行を行ったのは坂本龍馬である。

ハネムーンの由来は諸説ある。"Honey"は古代ゲルマン民族が飲んでいた蜂蜜酒(英語ではミード:mead、フランス語ではhydrome)のことを指す。蜂蜜酒は薄めた蜂蜜をアルコール発酵させたもので、結婚後30日間、新郎は蜂蜜酒を飲み子作りに励んだ習慣があったことに由来する。これは蜂蜜は滋養強壮品であることと、蜂の多産にあやかるためだと考えられている。

また、その時代は殆どが略奪婚であった。まだ人類は部落単位で生活していた頃は、近親相姦を避けるために外部の血を取り入れていた。つまり、他の部落から女を迎え入れる風習があり、多くは平和的で合意の上の結婚であったが、形式的に略奪婚となる。略奪婚の場合、慣習的に略奪された側の部落は花嫁を取り返すために努力をし、花婿は花嫁を奪った後、安全な自分の部落まで逃げ切る必要があった。これは儀式的なもので、花婿は追っ手から逃げ延びることで、男らしさを誇示し、花婿にふさわしい男として認められた。逃避行するための力を得るために蜂蜜酒を飲んだとされる。中世ヨーロッパでは、街の外に自由に出ることが禁じられていたため、新郎新婦も追っ手も略奪逃避にかこつけて旅行を楽しんだとされ、これが新婚旅行の由来になったと考えられる。

また、"Honny"は新婚期が蜂蜜のように甘い時期であることを比喩していることが由来とされる説もある。この際の"moon"は1ヶ月の期間を指すのではなく、新婚夫婦のお互いの愛情が移ろい行くのを月の満ち欠けに例えている。"Fullmoon(満月)"の何もかもが素晴らしい時期を過ぎると、欠けていく月のように愛情も無くなっていくものだとの冷めた見方を含んでいるとされる。

ハネムーンをショッピング検索

ハネムーンをサイト内検索

ハネムーンを外部検索