披露宴 > 引出物・引菓子

ドラジェ

ドラジェ(dragee)とは、アーモンドの実を白、ピンク、ブルーなどの色とりどりな砂糖ペーストをでコーティングしたフランスのお菓子。イタリアではコンフェッティ(confetti)と呼ばれる。

ドラジェは、古くからヨーロッパでお祝い用に使われてきたお菓子。アーモンドはぶどうの房のように沢山の実をつけることから子孫繁栄の象徴とされ、結婚式や誕生日などのお祝い事には欠かせないもので、皆に配る習慣がある。結婚式では、「子宝に恵まれた幸せな人生を」願ってドラジェが用いられ、また二人の幸せをゲストの皆様におすそわけする意味でドラジェチュールなどに包んで配る。昔、ヨーロッパではお開きの際、花嫁が自分のベールを切って包んだという話もある。

ドラジェの歴史は古く、イタリアのシシリー島でアーモンドを原料として作られたのが起源とされている。すでに紀元前177年には、ローマ貴族であるファビウス家で、結婚式、婚約式、子供の誕生時などの内祝いとして、市民にドラジェが配られたという記録が残っている。その後、宮廷内の貴族たちの間で祝い菓子として盛んに使われ、現在は世界的にポピュラーなお菓子となる。現在のハードコーティングのドラジェは、フランス・ヴェルダンの薬剤師がアーモンドに砂糖と蜂蜜をかけた作ったものが原型。

ドラジェをショッピング検索

ドラジェをサイト内検索

ドラジェを外部検索