演出 > 小物

チャーム

チャーム(charm)とは、小指の先ほどの大きさの金属製のミニチュア。銀製のものもあるが一般には錫製。本来魔除け、お守りを意味するが、現代では、ブレスレットなどの装飾品の鎖部分につけたり、キーホルダーやペンダントトップとして用いられる。チャームには数多くの形があり、それぞれに意味を含ませてお守りとして使われる。欧米では、シルバーチャームは幸運を招くと言われ、生まれたての赤ちゃんや花嫁が身に着ける習慣がある。

ケーキチャームとは、欧米に古くから伝わる結婚式の演出のひとつ。ウエディングケーキの下にリボンに通したチャームを置き、ゲストが順に引き将来を占うゲーム。参加者は主に未婚の女性のゲストの中から選ばれる。新郎新婦がケーキカットをする前に行われる場合が多い。ラッキーチャームと呼ばれることもある。当たりのチャームを選んでおき、引き当てたゲストにプレゼントを贈る演出もできる。ケーキチャームで使用したチャームは、ゲストにお土産として持ち帰って頂ける。

【主なチャームとその意味】

チャーム意味
ハート(Heart)幸福・愛情
カギ(Key)愛情・富・健康・幸せな家庭
フラワー(Flower)・キューピッド(Cupid)恋が叶う
リング(Ring)次の花嫁になる
十字架(Cross)力を与えてくれるもの
リボン(Ribbon)人との絆
小瓶(Bottle)・羽(Wing)・クローバー(Clover)願いが叶う
ホースシュー(Horse Shoe)幸運・多産・魔除け
イカリ(Anchor)冒険が待っている


チャームをショッピング検索

チャームをサイト内検索

チャームを外部検索