挙式 > スタイル

ダーズンローズウエディング

挙式のとき新郎から新婦への愛のしるしとして12本のバラのブーケを贈り、改めてプロポーズする。新婦は『YES』の返事の代わりにブーケの中から一輪のバラを抜いて新婦の襟に挿し返す。このセレモニーを含む結婚式をダーズンローズウエディングと呼ぶ。12本のバラには各々に意味があり「感謝・誠実・幸福 ・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」を象徴している。新婦は新郎へ自分が一番贈りたい言葉のバラを選ぶ。各テーブル名をこのバラの意味と一緒にするアイディアもある。

日本においてダーズンローズウエディングが行われるようになったきっかけは、著名なブライダルデザイナーの桂由美がバラをテーマとした『薔薇づくし』の婚礼プラン「ダーズンローズウエディング」を企画したことが始まり。

ダーズンローズウエディングをショッピング検索

ダーズンローズウエディングをサイト内検索

ダーズンローズウエディングを外部検索