男性衣裳 > カフ(袖口)

ダブルカフス

ダブルカフス(double cuffs)とは、袖口部分を折り返して二重になっているデザインのカフ。袖口の両方にボタンホールが設けてあり、カフリンクスを付けて留める。シングルカフスよりも立体感があり、存在感が出る。エレガントなイメージがあるダブルカフスだが、実際にはダブルカフスは略式で、固く糊付けされたシングルカフスが正式なスタイルである。

19世紀のシャツは固く糊付けされたシングルカフスが基本の着こなしであった。20世紀になり、デスクワークをするホワイトカラーの人々が増え、スーツやシャツがビジネスウェアとして定着する中で、固いカフスは邪魔になり、カフスのソフト化が始まった。しかし、柔らかいカフスではカフリンクスを着用しても張りが無いため格好が付かない。そこで、シングルカフスの袖を伸ばし、折り返して二重にすることで張りを持たせたものがダブルカフスの起源とされる。当時、ソフトなものや略式のものをフレンチスタイルと呼んでいたため、ダブルカフスのことをフレンチカフスとも呼ぶようになった。

ダブルカフスをショッピング検索

ダブルカフスをサイト内検索

ダブルカフスを外部検索