ジュエリー >

ダイヤモンド

ダイヤモンド(diamond)とは、地中深く眠っていた炭素が、何千年もの時をかけて地球内部の高温高圧力によって生成される、8面体構造を持つ炭素の結晶のこと。ダイヤモンドの硬度は10で、自然界に生成される全鉱物中最高の強度をもつ。「なにものにも征服されない」という意味のラテン語の「アマダス(adamas)」がダイヤモンドの語源。金剛石、ダイアモンドともいう。

初めて人類がダイヤモンドと出会ったのは紀元前4世紀頃の古代インドと言われている。紀元前1世紀頃ギリシアに伝わり、さらにローマ帝国全土にまで広まっていく。当初は風化浸食された原岩が河川で運ばれ堆積したものから採取されていた。中世、ルネッサンス時代を経て15世紀に至るまではダイヤモンドの産地はインドだけだったが、その後、ブラジルでもダイヤモンドが発見される。19世紀に入って南アフリカで原石が発見され、ダイヤモンドのシンジケートであるデ・ビアス社によって独自の販売機構が確立されるようになる。現在では、世界のダイヤモンドの産出量の85%をコントロールして、市場価格を安定させている。近年は、主に、アフリカ大陸、オーストラリア、ロシアなどで発掘されている。ちなみに、ダイヤモンドの原石を含む、カンラン石と雲母を主要構成鉱物とするマントル起源の火成岩は、発見された南アフリカの町の名「キンバレー」にちなんで「キンバーライト」と名付けられている。

15世紀に、ダイヤモンドの粉で磨くことで輝きが増すことが発見され、17世紀にはブリリアンカットが考案された。ブリリアントカットダイヤモンドの品質は、カラット:Carat(重量)・カラーColor(色)・クラリティ:Clarity(透明度)・カット:Cut(研磨)の4つの基準により鑑定される。その頭文字が全てCで始まることより『4C』と呼ばれる。

「最も硬いもの」「永遠に輝く」「永遠に美しい」という性質から、婚約指輪としてよく用いられる。また、ダイヤモンドは4月の誕生石とされている。

ダイヤモンドをショッピング検索

ダイヤモンドをサイト内検索

ダイヤモンドを外部検索