ウエディングドレス > 素材

タフタ

タフタ(taffeta)とは、平織り(縦糸と横糸を一本ずつ交差させて織る織り方)で薄地、張りがある織物で、光沢のある質の良い生地。縦横別の糸で織ることで生地の横方向に畝(うね)がある。横畝により陰影が生じるため、縦横糸の配色によっては、見る方向により色目が変わる独特の発色が現れる「玉虫効果」がある。

タフタはペルシャが起源で、本来、柔らかな細い畝のある絹織物のシルクタフタで、高級な婦人服地であった。現在では絹のほかレーヨン、ナイロン、ポリエステル、アセテートなどの合繊のフィラメント糸を使ったものもある。単色だけでなく、赤と紫、ゴールドと緑などカラーバリエーションも豊富で、個性的な表情を演出できる。幻想的な色調のタフタは、お色直し後のカラードレスカクテルドレスとして人気がある。

タフタをショッピング検索

タフタをサイト内検索

タフタを外部検索