男性衣裳 > スタイル

タキシード

タキシード(tuxedo)は元々は夜の準礼装とされているが、本来の正礼装燕尾服はもはや前時代的な衣装となり、近年は正礼装タキシードが一般的になってきている。また、夜のみの礼装ではなく、昼から着用可能になってきている。ブラックタイと言うとタキシードを指す。タキシードはアメリカの呼び方で、イギリスではディナージャケットと呼ばれる。

タキシードの最も正式な着方

  • ズボン: 脇の縫い目に沿って側章(ブレード)が縫い付けられている。
  • シャツ: 立襟(立カラー)ヒダ(プリーツ)胸・両穴本カフスシャツまたは、立襟・イカ胸・両穴シャツ。
  • 靴: 黒の短靴(ひも無し)。皮製またはエナメル素材のもの。
  • 手袋: 白の綿素材の手袋。甲の部分に三本のピンタックがあるもの。

タキシードの始まりは、1886年10月10日。ニューヨークタキシード・パーク倶楽部の正装舞踏会で、全員がテールコート(燕尾服)を着ている中、グリスウォルド・ロリラードという人物が着てきた、真っ赤なスモーキングジャケットが始まりであると言われている。実は彼がテールコートに着替えるのを忘れて、部屋着のテールレスコート(尻尾の無い服)のまま、控室からホールに出て来てしまったのが事の真相。これはタキシード事件と呼ばれている。

タキシードをショッピング検索

タキシードをサイト内検索

タキシードを外部検索