ジュエリー > デザイン

ストレートライン

ストレートラインとは、リングのアームが真っ直ぐなストレートの形状のリング。もっともシンプルでベーシックなライン。ストレートラインのリングは、オーソドックスなデザインなので、コーディネイトを選ばず、飽きがこないため、それだけに長く使える。また、直線を生かしたデザインなので、重ねづけもしやすく、結婚指輪ストレートラインを選ぶ人は多い。毎日つける、一生つける指輪という観点で選ぶと、ストレートラインのデザインに落ち着くだろう。

mone>>

ソリティア

ソリティア(solitaire)とは、リングの真ん中にセンターストーンを一粒だけ配したデザインのリングのこと。フランス語で「ソリテール」という。ソリティア立て爪リングは、エンゲージリングの定番。プラチナ立て爪リングの「ティファニーセッティング」が有名。

mone>>

ひとつ石

リングの真ん中にセンターストーンを一粒だけ配したデザインのリングのこと。英語でソリテア、フランス語でソリテールという。ソリテアの立て爪リングは、エンゲージリングの定番。プラチナ立て爪リングの「ティファニーセッティング」が有名。

mone>>

パヴェ

パヴェ(paves)とは、複数の小粒のメレ(0.2ct以下のもの)ダイヤを敷き詰めるデザインのこと。地金に穴を開け石をはめ込み、周囲から爪を起こして留める。パヴェとはフランス語で「敷石・石畳」という意味。リングのアーム部分に石を敷き詰めたようにダイヤを留めるパヴェセッティング。繊細でシックながら、華やかで存在感のある印象のデザイン。引っ掛かりが少ないので普段使いにも適している。メインストーンの回りにパヴェを配すると、メインを引き立ててより華やかに見せる効果もある。

mone>>

一文字

センターストーン(中石)がなく、メレ石(通常は周りを飾るための小粒の宝石で0.03カラット以下程度の石)のみを一列に配列したデザインのリングのこと。ダイヤモンドやルビーなどの石が1列のものを一文字、2列のものを二文字、3列なら三文字と呼ぶ。

mone>>

エタニティリング

英語で「永遠(Eternity)」という意味のリングで、リングの全周にとぎれなく同サイズ、同カットの宝石を留めている。とぎれることなく並んでいることで「永遠の愛の象徴」と言われる。

mone>>

コンビリング

1本のリングで2種類以上の素材を使ったリングのこと。コンビリングは日本語の造語である。純金・プラチナピンクゴールドホワイトゴールドなどの地金が使用される。金とプラチナを使った組み合わせが一般的。金とホワイトゴールド、金とピンクゴールドの組み合わせや3色のコンビリングなどバリエーションも多い。また、マットなものと光沢のあるものなど異なる質感で仕上げたコンビリングもある。

mone>>

ツインリング

ツインリングとは、2つあるいはそれ以上のリングを1ヶ所でからませ、1組にしたもの。新郎新婦のマリッジリングを合わせると1組のリングになり、模様が浮き出るものなどもある。

mone>>

V字リング

手の甲へ向かってV字形をしたデザインのリング。縦のラインを強調するため、指を細く長く見せる効果がある。婚約指輪結婚指輪を重ね付けしたいなら、できるだけ同じV字リングで細めの幅を選ぶとよい。

mone>>

S字ウェーブ

リングのアームラインがS字型のもの。

mone>>

ニーシングリング

1873年にドイツのヘルマン・ニーシングが創設したジュエリーブランド。ニーシング社の代表作品、ニーシングリングは、1979年のWalter Wittekによってデザインされニーシング社より発表されたセッティングテンションセッティングのことをニーシングリング(Niessing Ring)とも呼ぶ。

mone>>

[ 戻る ]

ジュエリー/デザインをショッピング検索

ジュエリー/デザインをサイト内検索

ジュエリー/デザインを外部検索