ウエディングドレス > 素材

シャンタン

シャンタン(shantemps)とは、縦に生糸(シルク)、横に玉糸や絹紡糸を用いた平織物。横糸の太さが均一でなく所々太い所(スラブ)があるため、縦方向に不規則に長い畝(節のような)凹凸があり、適度なムラ感が表現され、まるで紬のような地模様が表れるのが特長。これが逆にシルクの光沢と相まって独特の風合いと張りを持たせる。抑え目の光沢感と落ち着いた上品なイメージ、高級感と野趣味という両極の風合いを持つ独特の個性的な織物。衣擦れ(布がしゃりしゃりと擦れ合う音)が心地よいのもシャンタンの魅力。

シャンタンとは、中国山東省(シャンタン省)で昔から良く取れたシルク織物の一種 の山東絹(さんとうぎぬ)が語源。元々は柞蚕糸と呼ぶ中国原産の野蚕の糸を手織りにした木乍蚕(さくさん)絹を指す。現在はフルシルク以外にも、綿・レーヨン・ナイロンなどで、横糸に節糸を用いて茶あるいは黄褐色に仕上げ、木乍蚕糸使いのような外観と感触をもたせたシャンタンもある。フォーマル、ドレス、スーツ、ブラウス、シャツから、バック等の小物やインテリアファブリックに至るまで非常に使用用途が高い素材。シルエット的には、構築的でモダンなデザインに相応しい生地だが、フレアをたっぷりとれば美しい優雅なドレープ感も表現できる生地厚がある。

シャンタンをショッピング検索

シャンタンをサイト内検索

シャンタンを外部検索