ウエディングドレス > 素材

サテン

サテン(satin)とは、経(たて)糸と緯(よこ)糸のどちらかの糸を何本も飛ばして交差を極力少なくし、生地表面に糸を長く浮かせた織物。三原組織の一つ。朱子(シュス)織・繻子織とも書く。糸を浮かせているので光沢に富んでおり、手触りがソフトで柔らかい。欠点は生地の強度が弱く、擦れやすく、糸抜けしやすい。シルクやポリエステルなどの素材が主に用いられる。

白いサテン地はウエディングドレスに良く用いられ、美しく格調高い雰囲気になる。また高級コートの裏地として使われ、珍重されてきた。ブライダル業界では、ポリエステルを主としたドレス専用の上質な化繊をブライダルサテンと呼ぶ。シルクサテンには、厚めのボリュームサテン、薄手のサテン、化繊で裏打ちしたサテンなど様々あり、美しいドレープが身上でソフトスレンダーやマーメイドに用いると優雅さを表現できる。密度が高くボリューム感があり、上品な光沢のミカド(帝)シルク(別名ダブルフェイスツイル)を使用したものはミカドサテンと呼ばれ最高級のサテンである。

サテンをショッピング検索

サテンをサイト内検索

サテンを外部検索