ウエディングドレス > ヘッドドレス

コサージュ

コサージュ(corsage)とは、ドレスをはじめ婦人服の胸元や襟元などに付けられる生花や造花の花飾りのこと。コサージともいう。一般的に胸につけるものをコサージュと呼び、他の箇所につける場合、ショルダーコサージュ(肩につけるもの)など、体の部位を接頭して呼ばれる。振袖などの和装の時に帯止めのように付けたり、バックなどの小物にも付けたりと、様々なシーンで用いられる。

コサージュとは本来、ドレスの「身ごろ」を意味するフランス語。しかし19世紀の終り頃になると、コサージュは飾りとして身につける小さな花束を指すようになる。胸元にコサージュをつける場合、左胸に付ける。昔は下向きにつけることが正しいとされていたが、最近では上向きにつけるのが一般的。ちなみに、新郎が胸に付けるものはブートニアと呼ぶ。

コサージュをショッピング検索

コサージュをサイト内検索

コサージュを外部検索