披露宴 > ウエディングケーキ

クロカンブッシュ

フランスの一般的なウエディングケーキで、クロカンブッシュ(croquembouche)とは「ごつごつした木」という意味。フランスでは古くから伝統的にお祝い事には欠かせないケーキ。ヌガーなどの台の上に、小さなシュークリームをツリー状にたくさん積み上げ、飴やカラメルなどの糖液で固めた大型のデコレーションケーキ。高さが高いほど結婚後の生活が豊かになるといわれる。「シュー」はフランス語で「きゃべつ」という意味。欧米では赤ちゃんはきゃべつ畑から生まれてくると言われているため(コウノトリが運んでくる説もある)、子孫繁栄と豊作を願ってきゃべつに見立てたシューを積み上げる。

クロカンブッシュは、ケーキ入刀の際に、シューを取って食べさせあう演出も人気。入刀後は生ケーキと同じように切り分けて(壊して)ゲストにサービスし喜びを別ち合う。飴が固まっており上手く切り分けることが難しいため、別に用意されたシューがサービスされる事もある。飴を使うので夏場はやや取り扱いが難しい。

クロカンブッシュをショッピング検索

クロカンブッシュをサイト内検索

クロカンブッシュを外部検索