挙式 > 種類

キリスト教式

教会やホテル・式場のチャペルで挙げるキリスト教の教義に則した結婚式のこと。キリスト教は大きく、カトリックとプロテスタントの2つの宗派に分けられる。

プロテスタント教会は信徒以外でも挙式を行うことが可能。ホテル・式場でのキリスト教式の場合は、ほとんどがプロテスタント。カトリック教会では原則的に信徒以外の挙式は出来ないが、ローマ教皇庁の特例により日本では未信者でも認められている。町の教会での挙式を希望する場合は、事前に「結婚講座」を受けたり、礼拝に通う必要があることが多いので確認をした方がよい。

司式の進行自体は宗派であまりかわらないが、名称が異なる。例えば、カトリックで[御聖堂・聖堂/神父/ミサ/聖歌]と呼ばれるものは、プロテスタントでは[礼拝堂/牧師/礼拝/賛美歌]となる。バージンロードもカトリックは赤い絨毯(じゅうたん)、プロテスタントは白い布と、異なる。

基本的な挙式の進行は次のように行われる。参列者入場→新郎入場→新婦・新婦父入場→聖書朗読・祈祷→説教→結婚の誓約→指輪の交換→結婚宣言→賛美歌・祈祷→新郎・新婦の退場

キリスト教式をショッピング検索

キリスト教式をサイト内検索

キリスト教式を外部検索