ブーケ > デザイン

キャスケードブーケ

キャスケードブーケとは、上から下に流れる、逆三角形のラインを描くデザインのブーケ。キャスタードとは「小滝」の意味。上部にボリュームを持たせたせ、滝の流れのように下へ蔓や花を垂らした眺めは、華麗な美しさで花嫁のブーケの定番。本来、教会式ではこのタイプを持つのが正統とされている。上半身は身体に沿ったデザインで下半身にはボリュームがあるという、プリンセスラインまたはAラインや、トレーンを長くひくようなウエディングドレスと相性がいいブーケ。ウェストよりもやや低めに持つとバランスがよい。

このブーケに使われる花の代表がカサブランカ。カサブランカやランなどの花材を使うと豪華でエレガントな印象になり、小花をミックスすれば可憐な印象にもなる。下に流れる部分が短めのショートキャスケードブーケや、全体に細身のスリムキャスケードブーケなどのバリエーションも豊富。

キャスケードブーケをショッピング検索

キャスケードブーケをサイト内検索

キャスケードブーケを外部検索