ジュエリー > 地金

カラーゴールド

金に銀、銅、ニッケル、パラジウムなど他の金属を加えて作られる金のカラーバリエーションのことを総称してカラーゴールドと呼ぶ。混入する金属の種類によって色が変わる。銀の比率が多いとイエローゴールド、銅の比率が多いとピンクゴールドに、ニッケルまたはパラジウムを混ぜるとホワイトゴールドになる。例えば18Kのホワイトゴールドは、24分の18すなわち75%が金で、残りの25%が銀、ニッケル、パラジウム等の合金となる。

このように混ぜる金属によって、その色合いを微妙に変化させることができるため、ジュエリー素材としてのゴールドの応用範囲は大きく広がりつつある。また、カラーゴールドが登場したことから、通常のゴールドのことをあえてイエローゴールドと呼ぶ場合もある。

カラーゴールドをショッピング検索

カラーゴールドをサイト内検索

カラーゴールドを外部検索