男性衣裳 > 小物

カマーバンド

カマーバンド(cummerbund)とは、タキシードのズボンのウェストに巻く、幅広のピッタリとしたサッシュ(腹帯)ベルトのこと。タキシードの正式な着こなし方は、黒タキシード+立襟のシャツ+黒の蝶ネクタイ&カマーバンドの組合わせで、必ずサスペンダーを用いる。カマーベルトともいう。

カマーバンドは、タキシードのラベル(ジャケットの襟部分)に用いられる拝絹と共地で作られ、襞(ひだ)が付いている。襞の数は特に決まっていないが、一般的に3列に切られている。カマーバンドの襞は必ず上を向くように巻くのが正式。かつてはこの襞の間に小さな隠しポケットがあり、オペラの切符などを入れていた。

カマーバンドのカマーは、ウルドゥ語で腰を意味する"kammer"が語源という説がある。隊商達が財産を持ち歩くための「胴巻」から、東欧・中近東・インドの儀式用民族衣装の飾り帯「サッシュベルト」が派生した。1893年の夏、イギリスの統治下のインドで、当時の英国インド植民地軍の若い将校が、ディナージャケット(タキシード)のベストの代用品として、二重巻きにして脇をリボンで止めた、黒絹の幅広サッシュ(軍人が肩から腰に掛ける肩帯)を着けたのがカマーバンドの始まりといわれている。当初は盛夏用だったが、1920年代にタキシードが夜の礼装ブラックタイ」として、国際的に認知されると際に、黒のカマーバンドが正式に組合わされた。

カマーバンドをショッピング検索

カマーバンドをサイト内検索

カマーバンドを外部検索