男性衣裳 > カフ(袖口)

カフリンクス

カフリンクス(cuff links)とは、ドレスシャツの袖口を留めるために用いるアクセサリーで、取り外しのできる飾りボタンの総称。各種貴金属、宝石類で作られた円盤状のボタンに金属製の留め具を付けたもの、チェーンで繋いだのものなどがある。特にフレンチカフスダブルカフス)と呼ばれる折り返し袖には欠かせないアクセサリーである。

カフリンクス(cuff links)とは、カフ(シャツの袖口:cuff)の開いた部分をリンクする(繋ぐ:link)という意味で名付けられた。形がボタン型をしているので、日本ではカフスボタンと呼ぶことが多いが、これは和製英語である。

カフリンクスの登場は17世紀末だが、一般的に普及しだしたのは1840年頃のフランスからと言われている。当時の糊付けされた硬いカフスは、普通のボタンでは留めることが難しかったため、カフスの形状を保ち、留めるためにカフスリンクが用いられ始めた。カフリンクスはチェーン式のものが伝統的なスタイルであった。また貴族の間で、装飾的なカフスを付けるファッションが流行し、そのカフスを留める飾りボタンのカフリンクスも、同様に装飾的でデザイン性に富んだものが普及していった。

カフリンクスをショッピング検索

カフリンクスをサイト内検索

カフリンクスを外部検索