ウエディングドレス > スタイル

カシュクール

カシュクール(cache-coeur)とはフランス語で、隠れるという意味の「カシュ」と、心臓の「クール」を合わせた言葉で、「胸が隠れるほど小さくて短いもの」という意味。胸が隠れる程度の短い上着のことで、女性用の小さなベストやショールのようなものを指す。日本の着物のように胸のあたりを隠すように、前身頃(まえみごろ)の左右の襟を打ち合わせた特徴のトップス。通常はボタンを用いないで前や後ろで結んで整えるタイプが多い。

カシュクールはバレリーナがレッスンの時に着る練習着として1980年代頃に登場したとされる。本来は、ベストやボレロのように短めの上着を指すが、現在の解釈では広く、巻きつけるタイプのブラウスやシャツも含まれる。

包むという意味の「ラップ」からラップブラウスと呼ばれたり、クロスオーバー・フロントとも呼ばれる。フランス語で体を「コール」といい「カシュコール」という名で呼ばれることもある。

カシュクールをショッピング検索

カシュクールをサイト内検索

カシュクールを外部検索