演出 > その他

アカペラ

アカペラ(a cappella)とは、イタリア語で「聖堂風の、教会風の」という意味で、無伴奏で合唱・重唱すること、またはそのための楽曲を言う。イタリア語の「a」は英語の"in"や"at"などに相当し、「cappella」は教会の意味。

アカペラの歴史は、バチカンのシスティーナ礼拝堂で演奏されていた、無伴奏の多声合唱が起源。後に、楽器の伴奏を用いずに、賛美歌などの宗教曲を合唱する教会音楽様式を全般的に意味するものとなった。現在では更に転じて、宗教曲以外でも楽器の伴奏を用いない全ての合唱曲を意味し、ポピュラー音楽の一つのスタイルとして普及している。

ポピュラー音楽の少人数アカペラでは、メロディー(主旋律)を担当するボーカルが一人とベースラインの担当者が一人いて、その他のメンバーは声でドラムやパーカッションの音を出す(ヴォイスパーカッション、ヒューマンビートボックス)手法や、和音を形成して声で伴奏する形態を取ることが多い。

ウエディングシーンにおいては、教会式結婚式にて、聖歌隊が賛美歌をアカペラで合唱したり、披露宴演出余興やBGMとしてアカペラグループに演奏を手配することができる。ゴスペルアカペラで歌われることが多く人気の演出である。本来ゴスペルは黒人霊歌を意味するが、R&Bの楽曲も広く歌われている。ゴスペルを歌うグループをクワイア(聖歌隊)と呼ぶ。

アカペラをショッピング検索

アカペラをサイト内検索

アカペラを外部検索