お金 > ゲスト費用

心付け

心付けとは、挙式披露宴にかかわる人に渡す謝礼のこと。介添人、美容・着付司会者、カメラマン、会場のスタッフなど当日にお世話になる人や、受付など手伝ってくれた友人に「本日はよろしくお願いします」の気持ちと幸せのお裾分けとして渡す。金額は3,000円~1万円が相場で、懐紙やポチ袋(祝儀袋)に新札を入れて用意しておく。心付けは必須ではない。会場によっては規則で心付けを受け取らないところもあるので、そんな場合は菓子折りなどを渡す。

mone>>

お車代

お車代とは、仲人主賓などに交通費として包むお金。目安は自宅から会場までの距離に応じて5,000~1万円程度。相手が自宅から最高の交通機関を使って往復したと考えて包むのがマナー。ただし、タクシーチケットを渡したり、ハイヤーを手配した場合は不要。祝儀袋かポチ袋に入れて、表書きは「御車料」か「御車代」と記して渡す。

mone>>

謝礼

  1. 仲人媒酌人などお世話になった人へのお礼として渡すお金。媒酌人をお願いした場合は、10~20万円というのが一般的。
mone>>

ポチ袋

ポチ袋とは、結婚式当日にお世話になるスタッフへ渡す心付けや、遠方からのゲストへ渡すお車代を入れるための封筒のこと。表書きは心付けならば「寿」、お車代には「御車代」と書く。ポチ袋の「ポチ」とは祝儀・心付けを意味する関西地方の方言で、芸者や仲居に渡すものであった。「ポチ」とは「これっぽっち」と言うように、不足をあらわしたり、「少ない」という意味があり、小額の祝儀のことから由来するとされる。

mone>>

ご祝儀

ご祝儀は、ゲストが持参する結婚のお祝い金のこと。お祝儀と言う人もいるが、正式にはご祝儀が正しい。友人なら1~3万、上司なら3~5万、親族なら5~20万程度と、相場はそれぞれ異なる。慣習的に割り切れない奇数枚のお札を入れるのが礼儀とされる。2万円の場合、1万円札と5千円札2枚をいれて3枚にする。袋の水引も「結び切り」の帯のものを使う。

mone>>

内祝

内祝は、披露宴に出席しなかった方からお祝を頂いたり、高額のお祝を頂いた方へ、お祝のお礼とお返しの意味を込めて品物を贈るもの。お祝い返しともいう。頂いた金額の1/3~半額程度を目安に選ぶ。品物は、記念に残るようなものや、実用品を中心に選ぶが、引出物と同じ品物でも良い。挙式後なるべく早く(遅くとも1ヶ月以内)お返しをする。 結婚後の二人がする最初の公的なご挨拶といえる。本来は結婚の挨拶を兼ねて直接お渡ししに行くものだが、郵送しても構わない。その際は品物と一緒にお礼の言葉を添えると良い。印刷する場合は、せめて署名だけでも直筆で書き添えたい。

mone>>

お祝返し

お祝返しは、結婚祝いのお返しのこと。「内祝い」とも言う。披露宴に出席しなかった人から御祝儀やお祝い品を頂いた場合や、高額のお祝を頂いた方へ、お祝のお礼とお返しの意味を込めて品物を贈る。「半返し」と言って頂いた金額(品物)の半額ぐらいの物を、挙式から1ヶ月以内にお祝返しするのが一般的。手渡すか、礼状を添えて発送をする。

mone>>

半返し

半返しとは、頂いたお祝いの半額程度のお返しをすること。披露宴に出席されなかった方からお祝いを頂いた際には、結婚式後一ヶ月以内までに頂いた金額の半額程度の品物をお返しするのが礼儀。披露宴に出席された方のご祝儀は引き出物を渡すことがお返しになる。

mone>>

[ 戻る ]

お金/ゲスト費用をショッピング検索

お金/ゲスト費用をサイト内検索

お金/ゲスト費用を外部検索