結納 > 儀式・しきたり

お茶見せ

お茶見せとは、九州地方にて執り行われる、婚約の報告と感謝の意を言葉の代わりに結納品で語る結納披露のこと。福岡ではそれを「お茶見せ」「お茶飲み」「お茶開き」と呼び、結納の2・3日後から1週間前後の日取りで近所や親戚の女性を招き、頂いた結納飾りをお披露目し、仕出料理などでもてなす。熊本では、結納のあとで近所に結納品のお茶を配る「配り茶」という慣習がある。佐賀の農村部では「お茶講」と称する宴を、長崎では案内状を配って披露宴並みの宴会を開くところもある。

お茶見せをショッピング検索

お茶見せをサイト内検索

お茶見せを外部検索