披露宴 > 進行

お色直し

披露宴の途中で新郎新婦が衣裳を替えること。本来は白無垢から色打掛に替えることを意味するが、ウェディングドレスからカラードレスへ、和装と洋装のチェンジなどもお色直しに含まれる。ドレスを変えずにヘアスタイルやアクセサリ、ブーケのみを変える場合もある。新郎新婦退場中は祝電披露を行ったり、新郎新婦のプロフィールビデオを流すなどして場を繋げる。また食事中のゲストが歓談を楽しむことが出来る。

お色直しとは、新婦は何色にも染まっていない白無垢で式に臨み、結婚して婚家の色に染まる、という意味がある。お色直しの由来には二つの説がある。 1.古く奈良時代から明治の頃までは、婚礼衣装が全て白装束だった。新婦は結婚して3日間は白い着物で過ごし、4日目から色物の衣服を着ることが許された。現在ではその経緯がスピーディーになり、式の最中に済ませてしまうまでになったという説。 2.戦前までは、結婚式は新郎の家で行われるのが一般的で、新婦が持参した花嫁道具の中の衣装を次々に着て招待客にお披露目をしていた。その名残がお色直しという説。

お色直しをショッピング検索

お色直しをサイト内検索

お色直しを外部検索