結婚準備 > お日柄

赤口

赤口(しゃっこう)とは、六輝六曜先勝友引先負大安仏滅赤口)のひとつ。一般的に厄日を意味し、何事も避けたほうが無難な日。特に結婚式披露宴、入籍など祝い事には大凶とされているお日柄である。午(うま)の刻(正午を中心とする2時間:11時~13時まで)のみ吉で、それ以外は凶とされる。旧暦の6月・12月の朔日が赤口となり、旧暦の月と日の数を足して6で割った余りが1の日が赤口となる。

赤口の由来

陰陽道の「赤目日(しゃくぜつにち)」という「余計なことを言って疑いをかけられる」という意味の凶日に由来する。陰陽道において赤口神(太歳神の王都の東門の番神)が八鬼の鬼神を使役し、四番目の鬼神の八嶽卒神が八面八臂の凶神であるため、その日を赤口日(しやくこうにち・しゃっこうにち)とし凶日とされる。また、赤舌神(太歳神の王都の西門の番神)が六鬼の鬼神を使役し、三番目の鬼神の羅刹神が横暴であるため、その日を赤舌日(しゃくぜつにち)とし凶日とされる。現在の六曜信仰の赤口にも影響を与えていると考えられる。この鬼神が人々を悩ます日といわれることから厄日とされる。赤口神が休むという午の刻だけが吉とされる。

赤は血や火を、ひいては「死」を連想するため、火の元や刃物、怪我に注意しろともいわれる。六曜の中では唯一名称が変わっていない。

赤口の読み方

赤口の読み方とは「しゃっこう」が一般的だが、「しゃっく」「じゃっく」「じゃっこう」「せきぐち」という読み方もある。

赤口に結婚式を挙げてもいい?

赤口の結婚式は仏滅とともに縁起が悪いお日柄とされているが、最近はこだわらずに結婚式を挙げる方も増えている。ただし新郎新婦当の本人たちは日取りを気にしなくても、両親や親族などに六曜などのお日柄を気にする人がいて、その人たちに反対されるのが嫌なら(その人たちを立てるなら)赤口の結婚式は事前に話し合いをしておいた方がよい。結婚式中のトラブルや将来に問題が発生した際に「赤口に結婚したから縁起が悪かった」などと言われることもあり得る。なぜ赤口の日に結婚式を挙げたいのか説得できる理由を用意しておくと無難。

赤口に結婚式を挙げるならば、吉とされている正午を中心とした2時間(11時~13時まで)に挙式を始めるとよい。

結婚準備 > お日柄
六輝  六曜  先勝  友引  先負  大安  仏滅  赤口

赤口をショッピング検索

赤口をサイト内検索

赤口を外部検索